2020.05.26

ビジネスの視野を広げたいなら『株』をはじめよう!

おはようございます、ゾノ( @ozonosho )です。

今日のコラムでは、僕が毎日30分以上は時間を割いて情報をチェックしている『株』をテーマにした内容を書こうと思います。

先に書いておくと、僕は別にトレードのプロでは無いので儲ける方法を教えることはできません。実際、資産もそんなに増えていません。

ただ、株を保有するようになってから資産が増えることよりも多くのメリットがあるのを感じています!

そんなわけで、今日は僕が感じる株を保有することの魅力をご紹介いたします。

ビジネスの視野が広がり、あらゆる業種のビジネスモデルに詳しくなる!

株を保有することで起こる一番の変化。

それは、、、『ビジネスの視野が広がる』です。

もうこれが全てであり、最大のメリットです。

この変化を得るためだけに株を購入する価値はあると、断言できます。

実際に自分のお金で株を購入してみると分かりますが、(たとえ長期投資をすると決めていても)一度株を保有すると毎日株価が気になるようになります。

そして株価をチェックする習慣がつくと、次第に株価に影響を与える時事ニュースも気になりはじめます。

株価は結果なので、未来の予測を立てるには市場の動向についても知る必要があるからです。

そして時事ニュースをチェックするようになると、当然ながら自分の保有する株についての情報だけでなく業界全体の情報や経済全体の情報も入ってきます。

そうこうするうちに、これまで知らなかった会社の魅力を知ったり、自分が株を購入した会社よりも優れたビジネスモデルだと感じる会社の情報と出会ったりします。

そして新しい株を購入します。

以下、この繰り返しです笑

ちなみに僕はこの繰り返しを続けた結果、はじめに購入した株と今保有している株はすべて異なっていますw

それぐらい世の中にはあまり表には出てこないけれど素晴らしい事業がたくさんあるんですよね。

たとえば、「Alteryx」「Advanced Micro Devices」「Beyond Meat」など。

いずれも現在僕が保有している株ですが、皆さんはこれらの企業についてご存知でしょうか?

また、誰もが知っているGAFAMですが、それぞれの収益モデルや成長事業をご存知でしょうか?

FacebookとGoogleはどちらも広告事業だけどFacebookのほうが利益率が高いことや、アマゾンが実はクラウドインフラ市場でも大きな収益を上げていることや、マイクロソフトがナデラCEOに変わってからの5年間で時価総額を約4倍にも伸ばしていること、などなど。

有名な話ではありますが、きっと知らない人も少なくないと思います。

もちろん世の中の動向なんて知らなくても日々レベルで見ればそんなに困ることは無いです。

ただ、世の中の流れは日々変わっていて、ゲオを競合だと捉えていたTSUTAYAはネットから攻めてきたアマゾンやネットフリックスにシェアを取られました。

そのうえ、アマゾンやネットフリックスは集めた大量のユーザー行動データを元にすさまじい速度でUXを改善し続けているので、もはや取り返しのつかない状況です。

もっとローカルな個人店で見ても、せっせとオフラインだけで頑張っているお店は、SNSなどのオンライン双方向ツールを使いこなして顧客との接点を増やす努力をしているお店にシェアを奪われていく時代です。

話が広がってしまいましたが、僕が何を伝えたいのかと言うと、

『これだけ変化の早い時代だから、やっぱり世の中の動向を知ることは大事!』

ってことです。明日は我が身です。

そして、世の中の動向を自然と調べたくなる環境を作るのに最適なのが株です。少なくとも僕にとってはベストアンサーです。

そんなわけで、株に少しでも興味ある方がいたらぜひぜひ始めてみてください。

きっと世界が変わると思います。

今は千円単位から株を購入できる時代なので、金額なんてホント少額で構いません。

(加えて言えば、現在はコロナの影響で株価は不安定なので「投資」というより「勉強」という範囲で始めるのが良いです)

はじめ方が分からない方は、とりあえず「SBI証券」あたりに無料登録すると株購入用の口座(=証券口座)ができるので、その口座に株の購入にあてたいだけ資金を入れればOKです。

あとは証券サイトからそのまま好きな株を購入することができます。

ホントに世界が変わると思います。

以上、それでは本日も素敵な1日をお過ごしください(*´`)

チャレンジを応援する無料オンラインコミュニティ運営中!

生きづらさを抱える人のチャレンジを応援する無料オンラインコミュニティ『Cree』をスタートしました。ただいま参加者70名!お互いの目標を共有したり、就労・就職のサポートするサービスを無料で提供しています。

オンラインコミュニティの詳細はこちら

ゾノについて

お仕事のご相談はこちら