2020.03.06

WordPressの著者ページの記事一覧にカスタム投稿タイプを含める方法

こんにちは、webエンジニアのゾノ( @ozonosho )です。

今回のブログではWordPressの著者ページの記事一覧にカスタム投稿タイプを含める方法を紹介したいと思います。

WordPressの著者ページ(author.php)の標準仕様は、通常の投稿データ(=投稿タイプが「post」のデータ)しか抽出されない作りになっています。しかしながら実際の運営では投稿データをいくつかの投稿タイプに分けて管理することも多いため、著者ページにカスタム投稿タイプの記事も抽出したいケースがあると思います。

僕の運営するサイト『未来地図』でも、スタッフの方が投稿する記事は「コラム用(投稿タイプ:post)」「ノウハウ用(投稿タイプ:knowledge)」の2つがあるため、今回の処理を加えてみました。

▽実際に2つの投稿タイプの記事一覧を表示した著者ページ

WordPressの著者ページの記事一覧にカスタム投稿タイプを含める方法

実装は簡単で、functions.phpに下記のコードを追加してください。

「投稿タイプ1」「投稿タイプ2」と記載されている箇所に、取得したい投稿タイプを入れて使います。僕のサイトだと「コラム用(投稿タイプ:post)」「ノウハウ用(投稿タイプ:knowledge)」の2つの記事を取得したかったので、下記のコードになります。

指定する投稿タイプはカンマ区切りでいくらでも増やせるので、取得したい記事の投稿タイプにあわせて自由に使うことができます。

この処理では、テンプレートファイルが読み込まれる際に取得される大元のデータ(メインクエリー)の取得ロジックを書き換えるためのアクションフック「pre_get_posts」を利用しています。

pre_get_postsを利用すればアーカイブページの表示内容を制御できたり検索機能をつくれたりと便利なことがたくさんあるので、興味ある方はぜひお試しください(*´`)

おわりに

以上、今回の記事ではWordPressの著者ページの記事一覧にカスタム投稿タイプを含める方法を紹介させていただきました。

当サイトではWordpressのカスタマイズ制作依頼を請け負っています。運営中のサイトで何かお困りのことがある方は、下記の記事を参照のうえ気軽にご相談ください。

どんな機能・要望でもOK!『Wordpressのカスタマイズ制作』はじめました。

こんにちは、webエンジニアのゾノ( @ozonosho )です。 このたびWordpressのカスタマイズ制作をはじめました。......

→この記事を読む
チャレンジを応援する無料オンラインコミュニティ運営中!

生きづらさを抱える人のチャレンジを応援する無料オンラインコミュニティ『Cree』をスタートしました。ただいま参加者100名突破!お互いの目標を共有したり、就労・就職のサポートするサービスを無料で提供しています。

オンラインコミュニティの詳細はこちら

ゾノについて

お仕事のご相談はこちら