2020.03.05

WordPressのユーザー登録後に自動ログインさせて任意ページにリダイレクトさせる方法

こんにちは、webエンジニアのゾノ( @ozonosho )です。

今回のブログではWordPressのユーザー登録後に自動ログインさせて任意ページにリダイレクトさせる方法を紹介したいと思います。

会員サイトであればたいていの場合、WordPressのユーザー登録フォームからユーザーが任意に会員登録できる仕様にすると思います。そして、会員サイトであればたいていの場合、登録後のユーザーにはプロフィールの設定などをおこなってほしいと思います。

しかしながらWordPressの標準仕様はかなりメンドクサイ作りになっていて、ユーザーが登録してからプロフィール設定ページ(=見てほしいページ)にたどりつくまでには下記の4ステップを踏まなければいけません。

  1. ユーザー登録フォームから会員登録
  2. メールアドレス宛に届くパスワード設定リンクからパスワードを登録
  3. ログインフォームからログイン
  4. ログイン後はトップページに飛ばされるので任意のページにいく

今回の記事は、③④の手間を1つにしちゃおうという話です。

さらに以前紹介した記事『WordPressのユーザー登録フォームにパスワード登録欄を追加する方法』では①②の手間を1つにする方法を紹介しているので、2つの方法を組み合わせれば下記の2ステップに減らすことができます。

  1. ユーザー登録フォームからパスワード設定も含めた会員登録←過去の記事で紹介
  2. 会員登録後はログインしてそのまま任意のページに飛ばされる←今回の記事の紹介

実際に僕の運営するサイト『未来地図』では、下図のようにユーザーが登録フォームから登録するとそのままログインしてマイページに飛ぶことができます。

▽登録フォーム

登録フォームから登録すると、そのままログインしてマイページに飛びます。

メチャ便利!

そんなわけで、前置きが長くなりましたがさっそく実装方法を見ていきましょう。

WordPressのユーザー登録後に自動ログインさせて任意ページにリダイレクトさせる方法

実装は簡単で、functions.phpに下記のコードを追加してください。

基本はたったこれだけです。
新規ユーザー登録直後に処理を加えられるアクションフック「user_register」を利用して、強制ログインとリダイレクトの処理を追加しています。

登録時に管理者やユーザー宛に通知メールを送信したい場合は、下記のようなコードを追加すれば実装できます。

さらに、以前紹介した記事『WordPressのユーザー登録フォームにパスワード登録欄を追加する方法』と組み合わせれば、ユーザー登録時にそのままパスワードを設定できたり、設定してもらったパスワードをユーザーに通知メールでお知らせすることもできたりするので、ぜひ色々と試してみてください^^

おわりに

以上、今回の記事ではWordPressのユーザー登録後に自動ログインさせて任意ページにリダイレクトさせる方法を紹介させていただきました。

当サイトではWordpressのカスタマイズ制作依頼を請け負っています。運営中のサイトで何かお困りのことがある方は、下記の記事を参照のうえ気軽にご相談ください。

どんな機能・要望でもOK!『Wordpressのカスタマイズ制作』はじめました。

こんにちは、webエンジニアのゾノ( @ozonosho )です。 このたびWordpressのカスタマイズ制作をはじめました。......

→この記事を読む
チャレンジを応援する無料オンラインコミュニティ運営中!

生きづらさを抱える人のチャレンジを応援する無料オンラインコミュニティ『Cree』をスタートしました。ただいま参加者100名突破!お互いの目標を共有したり、就労・就職のサポートするサービスを無料で提供しています。

オンラインコミュニティの詳細はこちら

ゾノについて

お仕事のご相談はこちら