ブログの始め方
2019.08.17

ブログのコンセプト&ターゲットを決める方法

こんにちは、ゾノ( @ozonosho )です。

ブログを運営している人でしたら一度は「ブログにはコンセプトやターゲットが重要」という話を聞いたことがあると思います。しかし、コンセプトとターゲットがなぜ重要なのかを理解している人は多くありません。

そこで今回はブログのコンセプト&ターゲットの重要性と決める方法について分かりやすく解説いたします。

目次
1.コンセプトとターゲットが明確だとブログに軸ができる
2.コンセプトの決め方
3.ターゲットの決め方
4.おわりに

コンセプトとターゲットが明確だとブログに軸ができる

そもそもブログにコンセプトとターゲットが必要なのはなぜでしょうか。

それは、コンセプトとターゲットが明確だとブログに軸ができるからです。

下図のとおり、コンセプトとターゲットは「商品(どんなブログを書くか、どんな商材に展開させるか)」「サービス(どんな文体で書くか、どこまで読者に寄り添うか)」「空間(どんなテイストのサイトにするか)というブログの方向性を決めるための軸になります。

コンセプトとターゲットが無い状態で「商品」「サービス」「空間」をバラバラに考えてしまうと、「動物と最新機器が好きだからブログの題材は犬とVR」「読者と仲良くなりたいのでフレンドリーな文体」「海が好きだからデザインはビーチ風」というようにブログ全体の一貫性が無くなってしまいます。

このように一貫性の無いブログは自己満足のブログであり、読者へのおもてなしの心が無いブログといえます。

もしここに「犬の気持ちを体感できる」というコンセプトと、「室内犬を育てるのに四苦八苦している人」というターゲットが加わったらどうでしょうか。

先ほどとは「商品」「サービス」「空間」が変わり、たとえば「ブログの題材は室内犬の飼育方法や感情の汲み取り方」「自分の飼っている犬を書き手に見立てて犬目線で情報発信」「アットホームなテイスト」というようなアイデアが出てくると思います。

このようにコンセプトとターゲットが明確になることで、ブログに一貫性が生まれます。

尚、説明を分かりやすくするためにターゲットを「室内犬を育てるのに四苦八苦している人」としましたが、厳密にいうとこれは属性であってターゲットではありません。ターゲットについての詳細は後述します。

コンセプトの決め方

ここからは実際にコンセプトの決め方を見ていきましょう。

コンセプトを決めるためには自分にたいして下記の質問をおこなってください。

コンセプトを明確にするための質問
読者にどのような「体験」を提供したいか思い浮かべてください。

コンセプトとは提供したい「体験」です。

飲食店などをイメージしていただくと分かりやすいと思いますが、「商品」「サービス」「空間」すべてが合わさって1つの「体験」を生み出しています。つまり、コンセプトに「体験」を定義することで一貫性のある軸を作ることができます。

このサイトを例にあげてみましょう。

このサイトのコンセプトは「ブログ起業を密着軸でサポートする」です。

※密着軸とは…1人1人の要望にとことん寄り添うことで差別化する方針のこと

ブログ起業を密着軸でサポートするという「体験」をコンセプトに定義することで、その体験を提供するために必要な「商品」「サービス」「空間」それぞれは一貫性のあるものになります。

もしコンセプトを「Wordpress解説ブログ」のように「商品」だけしか捉えていないものにしてしまうと、「サービス」「空間」のアイデアは一貫性の無いものになってしまうでしょう。

コンセプトは商品の展開力にも繋がる

コンセプトに「体験」を定義すると、ブログ全体に一貫性が生まれるだけでなくブログの商品展開力が高まるというメリットもあります。

具体例を見てみましょう。

先ほど挙げたコンセプト「Wordpress解説ブログ」ように、商品だけしか捉えていないコンセプトにした場合。そのブログで提供できる商品はWordpressの解説ブログだけに縛られてしまいます。それ以外のテーマの記事を投稿すると、読者に違和感を持たれるでしょう。

ではコンセプトを「ブログ起業を密着軸でサポートする」とした場合はどうでしょうか。

こちらはコンセプトが商品ではなく体験に定義されているので、ブログ起業をサポートするための商品であれば「起業相談サービス」を始めても良いですし、掲載する記事も「個人事業主として独立する方法」といった内容まで踏み込んでも違和感は無いでしょう。

このような例は身近にもたくさんあります。
たとえば皆さんご存知のヴィレッジバンガードは、コンセプトを「遊べる本屋」とすることで本以外にさまざまな商品を並べても違和感のない空間を作り出しています。店内に飾られた愉快なPOPの数々も「遊べる本屋」というコンセプトがあるからこそ一貫性を持っています。

コンセプトの無い本屋さんがいきなり着ぐるみを販売したりおかしなPOPを貼ったりしても、違和感しか生まれないことは想像に難しくないでしょう。

このようにコンセプトによって商品の展開力は変わります。そしてコンセプトに「体験」を定義することによって、商品の展開力は高まります。

ターゲットの決め方

次にターゲットの決め方を見ていきましょう。

ターゲットとは、文字どおり誰に向けたブログなのかを表します。

ここで注意してほしいのは「旅行好きの大学生」や「最新スマホに興味が強い年収300万の30代男性」というのは属性であってターゲットではないということです。

考えてみてほしいのですが、旅行好きの大学生はみんな同じテーマの記事を好むでしょうか。最新スマホに興味が強い年収300万の30代男性はみんな同じサイトデザインを好むでしょうか。そんなことは無いと思います。

このようにターゲットが不明瞭な状態では、ターゲットにとって理想の「商品」「サービス」「空間」は分かりません。

ではターゲットはどのように決めたら良いのでしょうか。

その答えは、具体的な一人をイメージすることです。

ターゲットを明確にするための質問
ブログを読んでほしい具体的な一人を思い浮かべて、その人の趣味・ライフスタイル・仕事・性格・悩みなどをすべて書き出してみてください。

もしブログのターゲットがまだ明確になっていない方は、ぜひ質問の答えを書き出してみてください。誰もが共通した人物像を思い浮かべられるぐらいにまで掘り下げたものが、あなたのブログのターゲットになります。

このサイトを例にあげてみましょう。

このサイトでは下記の人物像をターゲットにしています。

慎太郎
年齢:20歳
職業:大学生
出身:岐阜県出身

大学に入学するタイミングで上京。
第一志望の大学に落ちて東京の大学にはいけなかったが、上京をしたいという夢を捨てられず東京に住みながら神奈川の大学に通う。

偶然見かけたドキュメンタリー番組の影響で海外ボランティアをしたいと思い、留学費をためるためにアルバイトを始めるが、アルバイト先の上司や同僚から過度のプレッシャーを受けてアルバイトを辞めてしまう。仕事や人間関係にたいしての自信をなくす。

「仕事や人間関係には自信を持てない。でも海外には行きたい。」

そんな葛藤を抱えるうちに「自分に合った働き方を見つけたい」「場所を選ばず働けるようになりたい」と思うようになる。

そしてSNSをつうじて自分と同じ大学生でありながらブログで生計を立てている人が多数いることを知り、ブログで夢を叶えることに興味を持ち始める。

同時に、何から始めれば良いのか、さまざまなインフルエンサーがいる中で誰の発言を参考にすれば良いのか、そもそもまともに文章なんて書いたことない自分でもブログを書けるのかなど、不安も沸くようになる。できることなら信頼できる誰かに教わりたいが周りにそんな人もいない…。

性格は、悩みやすいが人一倍優しい。
自分よりも周りの気持ちを優先してしまう傾向がある。自信満々なタイプではないため、学校ではいじられキャラになりやすい。

趣味は、人と話すことや新しい価値観に触れること。
人の相談にのるボランティア活動は1年以上継続している。
一般的な大学生のように映画鑑賞やゲームも好き。少し変わった趣味としては、競馬観戦やポテトを揚げることなどがある。

お金は、将来のために使いたい気持ちが強い。
日々の食費は安く済むようにすませるが、将来に繋がるスキルを学ぶためなら10万円程度まで出資する。

このように具体的な一人をイメージすると、

  • 慎太郎くんだったら個別相談サービスがあると喜びそう
  • 慎太郎くんだったら記事作成者のプロフィール詳細を見れるほうが喜びそう
  • 慎太郎くんだったらかっこいいサイトよりもあたたかいサイトのほうが喜びそう

というように「商品」「サービス」「空間」のアイデアがどんどん生まれてきます。

ちなみに「ターゲットを具体的な一人にまで絞り込んだらその人だけしか喜んでくれないのでは?」という心配は無用です。なぜなら世の中には慎太郎くんと同じ感性の人はたくさんいるからです。

ターゲットを具体的な一人に絞り込むことで、同じ感性の人にとって他では得られない「商品」「サービス」「空間」のブログになります。そして、曖昧な絞り込みでは見えなかった細部にまでおもてなしの心を詰めることで、はじめてこのブログでしか得られない価値が生まれるんですよね。

おわりに

以上、今回はブログのコンセプト&ターゲットの重要性と決める方法について解説いたしました。

コンセプトとターゲットがハッキリすれば自然とブログは一貫性あるものになります。あなたが提供したい体験を、あなたが提供したい人に届けるため、コンセプトとターゲットをぜひ考えてみてください。

次回は「ブログのタイトルの決め方」についての記事を公開予定なので楽しみにお待ちください。

また、ただいま当サイトでは『ブログを始めるために必要な情報をすべてまとめたページ』を準備中です。まもなく公開されますので、そちらもあわせて参考にしてください。

ゾノについて

興味ある方を探しています!